フロアコーティングの依頼の流れを知っておこう - フロアコーティングは実績と信頼で選ぼう

フロアコーティングの依頼の流れを知っておこう

img-1

フロアコーティングは今日依頼をして今日完成するということはまずありません。
依頼から完成までそれなりに時間がかかります。
まずはどのような流れでフロアコーティングを依頼することになるのか流れを知っておきましょう。今はインターネットを活用すると色々な業者情報を知ることが出来るので、利用する業者をしっかりと選びましょう。



業者が決まってくると、インターネットから簡単に見積もりを取ることが出来るので、その見積もりを見ながら業者を選んでいくと良いです。

千葉のリフォームの喜びの声を頂いています。

どの業者でもインターネットや電話などでもらうことが出来る見積もりは概算見積もりなので、大体どのくらいの値段となるのかを把握したい時に活用します。

本格的な相談は実際に現場へ来てもらう必要があり、現場の状況などを確認してもらいながら工事の日取りなども決めていくことになります。


こうして相談が進むと最終的な見積もりを出してもらうことが出来るので、値段に関してはここでしっかりと判断するようにしましょう。
見積もりに納得できる場合はここで契約をすることになります。

契約をしたらフロアコーティングの工事にはいります。工事がいつごろ完成するのかなどは相談をした時に話を聞くことが出来ます。



フロアコーティングはこのような流れで業者に依頼することになるので、大まかな流れはしっかりと頭に入れておき、自分にとって好ましい業者を探してフロアコーティングを依頼するように心がけましょう。



一般的なフロアコーティングは住宅の床面を保護する目的に加え、見た目を向上させる効果を得るのに適した技術であり、選択する種類ごとで価格と性能が大きく異なります。

よりシンプルさを追求した建設会社の分かりやすい情報はこちらです。

まず、安価なフロアコーティングの種類としてはワックスとウレタンコーティングがあげられ、耐用年数は3年から10年弱と短めですが、コストパフォーマンスに関しては最も勝る種類といえるでしょう。

http://girlschannel.net/topics/466829/

これらは定期的な施工を行える環境下で適しており、特にワックスの場合は薬品だけでなく水にも溶けてしまうことから、頻繁な塗りなおし作業を要する傾向にあります。

http://news.livedoor.com/article/detail/12139680/

ウレタンは摩擦に対する強度が優れるという特性を持っているため、施工する場所次第では非常に有用な候補となります。


水や薬品に対する耐久性能を求める際には最低でもシリコンコーティングが適切となり、より長持ちさせたい場所に関してはガラスかUVフロアコーティングを選択しておくと安定した運用が望めます。


シリコンはキッチンやフローリングなどの床に対して用いられる基本性能に優れたフロアコーティングですが、ガラスやUVコーティングと比較した場合は耐用年数の面で劣ります。


安全性が高く光沢は控えめなので、UVとガラスのツヤが気になるのであればシリコンコーティングがおすすめです。

また、ガラス及びUVフロアコーティングは非常に高価なコーティング技術となりますが、様々な液体に対する耐久性だけでなく硬度に優れているため、10年以上塗りなおさず運用したい場所においては最も有力な候補となってくるでしょう。

http://smany.jp/7541

関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top