ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

img-1

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。
もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。

人間と同じ空間で暮らすとなると、どうしても多少の不具合は生じてしまいます。


ペットを室内で飼う場合に、考慮しなければいけないのは床などの傷や汚れです。ペットの種類にもよりますが、爪によるひっかき傷やトイレの失敗など、床に傷が入ったりシミがついてしまうなどのリスクはどうしても生まれてしまうのです。

千葉の外壁塗装について詳しく知りたいならこちらです。

そこでペットを飼う人にとって必須ともいえるのが床のフロアコーティングです。

ガラスコーティングの人気がどんなものかご存知ですか。

フロアコーティングとは、さまざまな素材からなる樹脂を用いて床に保護膜をつくり、それによって傷や汚れから床を守ることを目的としたものです。

一度施工を施せば5年から10年、長いものでは20年以上も床を保護し続けてくれるので、その間は床の美しさが保たれ、お手入れも楽になります。
また最近はペットの安全を考えたフロアコーティング剤も人気です。

リノベーションの費用の情報検索をお役立てください。

ワックスやコーティング剤の種類によっては、ペットが床をなめた時にまれにアレルギー反応がでる場合もあるのですが、専用のコーティング剤を用いればこのような心配は無用です。


フロアコーティングはさまざまな素材でおこなうことができ、それぞれに特徴がありますので、施工業者にペットに配慮したものを使いたいと相談すれば、最も適した工法で施工してもらえるでしょう。
フロアコーティングは床を塗料などを使ってコーティングするというものです。


床は絶えず踏まれたり重たい家具が置かれたりするなどして傷つきやすく、また埃が溜まりやすく汚れやすい場所です。これらを防ぐことを目的としてコーティングを行うものがフロアコーティングになります。
フロアコーティングをすることにより、ガラスコーティング系の塗料を使えば傷つきにくくなりますし、耐用年数内であれば汚れが取りやすいといったメリットがあります。

また紫外線対策がなされた塗料であれば、床材の日焼けを軽減することができるメリットがあります。

初めてでもわかりやすい、アンテナ工事の新築に関する特集の情報が満載です。

特にフロアコーティングが有効な場所としては、水廻りがあります。



水廻りは汚れが付きやすく、カビなども繁殖しやすい場所です。
そのままの状態であれば、汚れがこびりつき落とすのが難しくなりますが、コーティングを行うことで落としやすくできるメリットがあります。

http://smany.jp/951

また傷ついたり汚れたりした床材を修理するためにも使われます。

この場合のフロアコーティングはプチリフォームの一種とも言えます。

http://rocketnews24.com/tag/%E3%83%93%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC/

なお、多くの場合には新築で入居する前や中古で購入して入居する前に行うのが一般的です。

理由としては、すべての家財道具をどかさなければならず、ワックスと異なり固まるまでに数日の日数が必要になるためです。また高級な塗料になると料金も割高になりますが、部材そのものを取り替えるのに比べてゴミが出ず、日数も短いメリットがあります。

http://okwave.jp/qa/q7356383.html

関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top