長持ちフロアコーティングでいつまでも綺麗な床に

img-1

床の張り替えを行ったら、しっかりとコーティングを行わないと長持ちしなくなります。



木の温もりは人にリラックス効果を与えます。



このことから品質が良く安全な床材に天然木が多く、無垢材の美しさが際立ってこれまでのお部屋とは印象を変えることができて人気がありますが、そのままだと傷がつきやすく長持ちしません。



あまり家具などによって傷がつきすぎるとそこから壊れたり、隙間にダニなどが繁殖してしまったり、ホコリが溜まったりもします。

このため、綺麗にフロアコーティングすることは欠かせない部分です。市販のワックスを自分で塗ることもできますが、すぐにはがれやすいものを使うのであれば専門家に頼んで、UVフロアコーティングなどを実施してもらうべきです。

はがれやすいワックスは、スリッパなどですり足で歩いただけでもボロボロと取れてきて、かえって汚く見えてしまいます。



しかしプロに行ってもらうタイプははがれにくく長持ちで、中には20年や30年保証を謳っているものもあります。そしてUVタイプだと日焼けしにくくなり、長年置いたままにした家具の下などで色が違うものになってしまうことも少なくなるので、床材の美しさを何年もキープすることに繋がります。
プロにフロアコーティングを依頼して何十年も塗り直す必要がなくなると、メンテナンス費用も掛からなくなりとてもお得ですから、安さだけで選ばずに対費用効果も考えた選択をして綺麗な部屋を保つべきです。
床がフローリングになっているリビングやキッチンなどは、家族が使用する頻度が高いからこそ時が経てば経つほどに傷や汚れが目立ち始めます。

ボディスクラブの使い方のことならこちらのサイトにお任せください。

また、フローリングは水拭きが基本的にできません。

http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20160926_05920160926

それは水拭きをしてしまうとフローリングの上を歩く際に軋む音が出るようになったり、床面に凸凹ができたりするなどしてしまうためです。

http://smany.jp/951

ですから、小さいお子さんがいらっしゃる場合にはジュースなどをこぼす危険性も高いため日常生活を送るときにも注意を払わなければなりません。


ただ、フローリングの汚れや傷を防ぎ、長きに渡ってキレイな状態を保つことのできる方法があるのです。それがフロアコーティングを行うことです。

フロアコーティングは市販のワックスなどとは違いウレタンやアクリル、シリコンなどでできた強力な塗料を使用することから、フローリングに傷をつきにくくする最適な手法です。

また、フロアコーティングを行うことでフローリングでも水拭きをすることが可能になるので、お部屋の掃除をすることがかなり楽になるというメリットがあるのです。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000PFUC5

そして、一度フロアコーティングをしてしまえば30年以上もその効果を持続させることができるので、ワックスを使用する場合に必要だった年数回のメンテナンスも行わなくて済みます。
あと、フロアコーティングをすると床面が光を反射するため部屋全体を明るいイメージにすることができるので、より快適に気持ちよく生活をする上でも良い効果をもたらしてくれます。

関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top