フロアコーティングの施工にかかる時間について

img-1

フローリングを保護する手段として、フロアコーティングのことを耳にしたことのある人もいるのではないでしょうか。

コーティングは施工業者に依頼して行うものとなりますので、気になる点として施工の時間としてどのぐらいの期間がかかるのかという点があると思います。

入居前の住宅でコーティングの施工を依頼するときであれば、どのぐらいの期間が必要になるのか気にしなくても済みますが、現時点で生活をしている住宅で床の施工を行うときには、コーティングを行っている間はその床を使うことができなくなりますので、出来る限り短い期間で施工が終わってほしいと考えることが自然と言えます。
フロアコーティングの施工にかかる時間は、コーティングの種類によることになります。
最も短い期間でコーティングを終えられる種類のものが、UVフロアコーティングとなります。

ウレタンコーティングでは自然乾燥を行うことで硬化させますので、仕上がるまでに時間がかかる方法となりますが、UVフロアコーティングではUVライトを照射することで短時間で硬化させることができます。


その他で施工に時間がかかるコーティングの種類としては、ガラスフロアコーティングがあります。この種類のものであれば、他のコーティングと比較して耐久年数が長い点も踏まえて、繰り返しコーティングの施工が必要ないこともあり、施工時間がかかってもメリットが高い方法となります。
どの種類のコーティングを行った場合であっても、時間は必要にないますので、長い期間にわたってフローリングを守ってくれる機能と比較して施工するかどうかを検討することがおすすめです。フロアコーティングは結構費用が高いです。
そのため、しっかりと予算を考えながら施工することが大事です。


予算的にサービスを利用することが出来る業者を探すことがポイントになるわけですが、同じ内容からフロアコーティングを依頼するにしても業者によって数万は簡単に変わってくるので、しっかりと見積もりを取るようにしましょう。

例えば、A社で施工すると20万でもB社なら17万など、こうした差額は結構多くあります。


本当に少しでも予算を抑えるならしっかりと業者の見積りを比較する方が確実にお得にフロアコーティングを活用することが出来ます。
基本的な知識として、各社で見積もりを取る場合は必ず同じ内容から見積りを取ることが大事です。
コーティング素材が異なると、そもそもその素材の単価が違うので同じ業者でも素材による価格差があります。

業者の見積りを比較するなら出張見積もりを活用するのがおすすめです。

概算見積もりを取る場合は住宅の図面を提出して見積もりを取るなどして、出来る限り正確な見積もりを取ることが出来るように工夫をしておきたいところです。


ほとんどの業者は出張から見積りを出してくれる場合でも、それを無料で実施しているところが多いので、時間に余裕があるなら出張を依頼しておく方が確実だと言えます。


また、フロアコーティングを依頼出来る業者はとてもたくさんあるので、出来るだけ多くの業者の元で見積もりを取ることを心掛けたいものです。





横浜でリノベーションを手軽に利用してみませんか?

工事黒板について興味がある方にオススメのサイトです。



http://news.livedoor.com/article/detail/12139680/

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000PFUC5

http://tsutaya.tsite.jp/search?dm=0&ds=1&ic=3&st=0&k=&hp2=&hp=&gl=EXT000073X0S&gm=EXT00007413I&gs=EXT0000751Z3&md=&ri=

関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top