フロアコーティングで得られるもの

img-1

フロアコーティングとはフローリングに透明の膜をコーティングする事です。

最近では新築の物件に施すことが多くなっていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず薄い透明の膜があるおかげでフローリングに傷が入りにくくなります。

膜がガードしてくれるからです。


おかげで長期的にワックスがけをしなくてもよくなります。

ワックスがけをしなければ光沢は通常失われますが、フロアコーティングをしていれば大体10年から長い場合で30年ほどまでは光沢が持続するのです。

ずっと新築のようなフロアを体感できるため心地よく過ごせます。
ワックスがけをするときには家具を移動させなければいけませんので面倒ですし臭いもかなりきついのが難点です。
長く暮らす家でしたらフロアコーティングをしたほうがいいでしょう。そして滑りにくいのも魅力です。
光沢のあるフロアだと滑りやすそうですが実はそうではありません。ですので赤ちゃんやペットのいる家庭でも安心できます。

最近では環境性能のいいコーティング剤を使っているものが多いので万が一ペットや子供が舐めたとしても安心です。

そして汚れがしみ込みにくいのも嬉しいところです。


フローリングは通常は木でできているため、液体をこぼしてしまうとしみ込んでしまいますがコーティングをしていれば膜の上で度止まってくれるので汚れません。

さっと雑巾でふき取るだけで取り除けます。もしもコーディングするなら早めにしましょう。
家で生活していると、やはりどんなに気を付けていてもフローリングには汚れや傷はついてしまいます。
そんな時に前もってフロアコーティングをしてもらえば時間が経過しても比較的綺麗なままフローリングを維持することが可能です。
犬や猫などのペットを飼っている家庭などは特に日常的に傷ついたり汚れたりする機会が多いので、フロアコーティングをしておくとお手入れが楽になりそうです。フロアコーティングの種類には「ガラス」「UV」「シリコン」「ウレタン」などがあります。

一番品質が良くて耐用年数が高いものはUVコーティングです。艶があって見た目にも美しく、熱や摩擦にも強いのが特徴です。
ペットや子供に対する安全性が高いこともあり、乾くのも早いというメリットだらけのコーティングです。

やはり品質が良い分、価格も効果になってしまうようですが、予算が許せば選択したいところです。
ガラスコーティングやシリコンコーティングも性能がよさそうです。

乾くまでの時間が数日かかりますが、機能面ではしっかりと保護してくれそうです。ガラスコーティングはマットな光沢感。

シリコンコーティングは適度なツヤということで、自宅の部屋の雰囲気に合わせて選びたいところです。
ウレタンコーティングは値段は中程度で、特に摩擦に対する強さが優れています。

アクリル系は安価ですが耐用年数も短めです。

いずれにしろ、予算と機能面を照らし合わせて自宅にあったコーティングを選ぶことが重要です。







足立区のトイレリフォームを知りたいならご活用ください。

神奈川の外壁塗装についての情報を簡単に探すことができます。



https://allabout.co.jp/gm/gc/43172/



関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top