フロアコーティングの種類をチェック

img-1

床にフローリングが設置されている住宅は非常に多いですが、美しく見えるフローリングでも実は悩みというものもあります。

畳と違って拭き掃除が簡単だというメリットはありますが、ちょっとしたことでキズが付きやすいというデメリットもあります。


フローリングの場合はしっかりとした手入れを行っていないとキレイな状態を保つことができません。


ワックスを使って定期的に磨いているという方もいるでしょう。


しかし、ワックスだけではキレイな状態を長持ちさせることが難しいのです。

いつまでも美しい床を保っておきたいと思ったらフロアコーティングを実施するといいでしょう。

自分に合った千葉の外壁塗装サイトが一番おすすめです。

フロアコーティングによってフローリングが保護されるため、長期間良い状態で保っておくことができます。
フロアコーティングと一口に言っても色々な種類があるので、好みや予算に合わせて選びましょう。

比較的安い料金でコーティングできるのがウレタンです。

ウレタン樹脂を使った塗装剤で、昔からあるため多くの住宅に施工されています。

ツヤを抑えたタイプになっているので、落ち着いた雰囲気のフローリングを希望する方には最適です。ただ耐用年数は長くても十年程となり、短い場合は三年で塗り替えが必要になることもあります。料金が高くても仕上がりにこだわりたいという方にはUVコーティングやガラスコーティングが最適です。
耐久性に優れている点や仕上がりの美しさにも定評があります。

神奈川のリフォームの人気が上昇しています。

一度施工すると効果が二十年持続します。

フロアコーティングをしないと、すぐに床が傷つき、見栄えが悪くなってしまいます。床板が汚れたり、傷ついたからといって、簡単に剥がして取り替えるわけにはいかないので、床を美しい状態に保ちたいなら、フロアコーティングをするようにしましょう。

神奈川の外壁塗装の情報を公開しています。

コーティング剤の種類は大きく分けて、水性系と油性系の2種類があり、水性系は有機溶剤が入っていないので安心して使えますが、およそ5年ほどの耐久性しかありません。



それに比べると油性系の耐久性は10年以上もありますし、中には30年以上もつものがあるので、床の美観を長く保ちたい方におすすめです。

有機溶剤が入っている油性系もありますが、最近は安全性を考慮し、入っていないものが多いので、安心して使うことが出来ます。

ガラスコーティングの人気の情報も多数ご用意しました。

コーティング剤の種類は非常に多く、UV、ガラス、シリコン、ウレタン等があるので、好みに応じて選ぶようにしてください。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8270992.html

UVやガラスは硬さがあるので、耐久性を期待できる代わりに高価ですし、ウレタンやシリコンは価格が安いことが魅力ですが、それほど長持ちしないので、じっくり考えてから決めるようにしていですね。



施工業者に相談すれば、どのコーティング剤が良いかをアドバイスしてくれるので、まずは見積もりに来てもらうようにしましょう。



フロアコーティングを依頼するときは、出来るだけ価格交渉に応じてくれたり、親身になって話を聞いてくれる業者がよいので、口コミの評判を見てから選ぶことをおすすめします。

関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top