フロアコーティングは掃除も込みである - フロアコーティングは実績と信頼で選ぼう

フロアコーティングは掃除も込みである

img-1

フロアコーティングはフローリング等を掃除しておく必要があると思っている人がいますが、基本的にこのサービスはそれも込みで行われているので、かなり汚い状態になっていても問題はありません。
礼儀として、フロアコーティングの作業を行う日までには簡単に掃除をしておく方が印象は良いと言えます。
しかし、実際にフロアコーティングの作業を行う時はその内容によってまずは業者が掃除をすることから始めることになり、これは一つの大事な工程でもあるので、綺麗な状態でも汚い状態でも、必ず業者は隅々までチェックしてから作業を開始することになります。

掃除も含めてコーティングしてくれる場合、それは別途料金として清掃代金がかかると思いがちですが、これも心配はありません。
料金に関しては最終見積りを出してもらった段階で明細を見ればどのような項目でどのくらいの費用がかかっているのかをチェックすることが出来ます。この明細の中で気になる料金があるなら、契約をする前にしっかりと業者の方へ確認をしておくことが大事です。


そういう意味でも見積もりから業者選びをすることは大事であり、これはどんなサービスを利用する時でも基本だと言えます。

業者に現地へ来てもらい、そこで商談をしていく場合は現場を見ながら様々な話をすることが出来るので、この場合は掃除の必要性だったり、業者のフロアコーティングの工程についてなど、詳しい話を聞いておくと安心出来ます。フローリングを強化する目的でフロアコーティングのことを検討している人もいると思いますが、決断する上で施工したことによってどの程度の耐久力があるのか気になると言えます。
フローリングのコーティングを行うことになりますので、耐久年数が過ぎることで効果が消えれば、再び施工が必要となってしまうために日常生活に支障をきたす可能性もあります。


フロアコーティングの耐久年数は、どのようなコーティングを施すのかによって変わります。
耐久年数の長い種類のものとして、UVフロアコーティングというものがあって、UVを照射することによって硬化を可能としており、厚くコーティングすることができるので高い耐久性を実現できます。
UVフロアコーティングであれば、20年から30年ほどの耐久性があると考えられます。

硬度として高いコーティングの施工となりますので、床が傷つきにくくなりますし、摩耗もほとんど起きないために劣化を防ぐことができます。
滑りにくいことや汚れにくいことによって、人気のあるコーティングの種類としてシリコンコーティングがあります。


シリコンを使用するコーティングは安全性の面において優れていますので、子供のいる家庭で人気があります。
シリコンコーティングの耐久年数としては10年ほどと言われており、UVコーティングやガラスコーティングと比較すると耐久年数が短くなりますが、その分費用を安く抑えて施工が行えますので、短期間や中期間におけるフローリングの保護を目的としているときに選択しやすい方法と言えます。









市川市のリフォームに関する情報が幅広く集まります。

http://okwave.jp/qa/q7282903.html

http://news.goo.ne.jp/article/suumoj/life/suumoj-78756.html



関連リンク

img-2
フロアコーティング剤の中でも最高級

フロアコーティング剤の中でもガラスコーティングは高品質ということで人気があります。ですが、ガラスコーティング剤といっても、種類は様々あります。...

more
img-2
ペットを飼うならフロアコーティングは必須です

犬や猫など、室内でペットと共に暮らす人がたくさん増えています。もはや家族の一員といってもいいくらい大切な存在になっているペットですが、相手はやはり動物です。...

more
top